« 今年も福袋ゲット | トップページ | 節分会行ってきました。 »

教育再生会議 第1次報告を読んで

新聞で,教育再生会議の第1次報告を読みました。評価すべき点と問題点などいろいろ・・・。

まずは,この財政難の世の中で(学校では,紙1枚使うのにも,のり1個使うのにも大変で,わたしたちの給料もカットカットされている今,どうやって,理科算数の専科教員をおき,われわれの雑務をこなす職員を置き,少人数指導を拡充する教員を増やすというのでしょう。

規律ある教室もいいけれど,コレでは自由にものをいうこともできなくなり,教師の望む「いいこ」を育てるだけになりそうです。困る子は,排斥するのでは,同じ色をした人ばかり造ることになるのでは・・・。その昔,学校が荒れていたときは,「だめ」のレッテルを貼られたことで,行き場をなくしてあれた子が多かったのではなかったのかと,同じ間違いをおかしそうです。

幼小中高大一貫した教育システムもいいけれど,保育園があることをお忘れなく。厚生省と文科省に別れていることが大きな壁となっている,保育園と幼稚園の両方から入学してくるのに・・・。

教員を給与,賞賛で区別するのは,学校内でもギスギスすること,「まちがいない」そんな学校で,子供たちに心を教育することはできません。ある意味,いい先生・変わった先生・変な先生いろいろ出会うのも,人生勉強。変わった先生から子どもを守るのは,親の仕事,学校とともに考えていくことではないかと思います。でも,管理職を降格したり,管理職を増やすことはいいことかも。

なにはともあれ,学校は変わっていかなくてはいけないことは確実です。教師も保護者も変わってきています。

そうそう,それから,相次いで教員養成学科ができることも心配。ほんとにそれでいいのかな。

まずは,大学入試制度から変えてほしいものです。

hana先生は,生き生きと楽しく生活し,自分の人生を作り上げていける子を,育てて生きたいだけなのです。

小学校時代,話すことも,本を読むことも,足し算もできなかった子達も,ガードレールを直したり,ヘルパーの資格を取ったり,頑張って大人になっているのですよ。

|

« 今年も福袋ゲット | トップページ | 節分会行ってきました。 »

教育」カテゴリの記事

コメント

現場の視線では見えにくいこともありますが、中教審にしろ教育再生会議にしろ、現場を無視して勝手に決めてしまうところがあります。その責任をとらずに「改革」を口にしても、現実に足が着いてませんから混乱する。前政権と現政権は、特にその傾向が強いように思われます。

そうした【妨害】はあっても、目の前の子どもたちはかわいいし、大切な存在ですから、少しでもできることを積み上げて生きたいものです。

投稿: TAC | 2007年1月26日 (金) 00時51分

世の中のほんの一部の,高学歴の人たちが,接したことがないような底辺の人たちまで,巻き込んで,どんどん世の中を変えていく。いつもつらい思いをするのはそんな人たちなんですよね。
第1戦で社会を動かす人を育てていくのはもちろん哀切だけど,底辺で支える人をないがしろにしてはいけませんよね。

だれもが,それぞれの立場で,生きててよかったと思える世の中になってほしいものです。

投稿: hana | 2007年1月26日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 教育再生会議 第1次報告を読んで:

« 今年も福袋ゲット | トップページ | 節分会行ってきました。 »