« 第二の人生間近 | トップページ

昔を懐かしむお年頃

今日は,懐かしい友と一緒に飲んでました。

40年近く前」に,名古屋の栄には,「パブ」という店がありました。

高校を卒業したhanaたちは,そこに集まり,「ジンフィーズ」「コークハイ」とジンとウイスキーデビューをしました。

ウィスキーは,サントリーかく瓶とオールド。そこにはいつも仲間がいました。

今夜は3人。あれから40年近くたった再会です。

「一人足りないよな」と,一人が言うと,行方知れずの彼の話に花が咲きました。

「会いたい」とか「会おう」とかという言葉にはそっけないのにとつぜん「電話」をかけてくる。そんなやつでした。人の言うことは聞いてないのに,自分が話したいときはやてくる。そんなやつでした。

「あいつはネコだから」と。だから群れないで一人でいる。でもさびしくなるとやってくる。そうだそうだ、その通り。あいつはネコでした。

「あいつはよくお前を誘ってたよな。気があったんだ。」「ううん。よく似てたからだよ」というと

「おまえもネコだもんな」・・・「えっ」「そうかhanaもねこだったんだ」

この年になって,始めて自分がネコであったことに気付いた瞬間でした。でも,すごく納得。ずっと犬が好きと思っていたのに,それは自分がネコだったからとは…。

とはいえ,生きてるうちにまた会おうねと言葉を交わしてわかれました。

このごろ,小学校・中学校と懐かしい人たちと会う機会が増えてきました。仕事がひと段落して退職間近になった年齢のためか,人恋しくなる年齢なのか・・・・。

とはいえ,自分が生きてきた道を振り返るのもいいものです。そして,ずっと離れていた,昔の友の人生に触れるのもいいものです。

ねこはネコなりに友達がいるのです。これからはネコを自覚していきていこう!

|

« 第二の人生間近 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔を懐かしむお年頃:

« 第二の人生間近 | トップページ